GIBSON J-50(1960年頃)


PRICE
 SOLD
CONDITION EX
COLOR  Natural
TOP Solid Spuruce
BODY Mahogany(Back&Sides)
NECK Mahogany/Jacaranda
CASE HardCase

ワンリング・アジャストブリッジ・レギュラーネック・ハカランダ指板のJ-50です。
ヘッド・ホール内のどちらも確認できるシリアルがありませんが、1960年代初め頃と思われます。
ブリッジがサウンドホール側に傾斜し、ピックガードサイドにクラック、他ボディトップ2カ所のクラックの割れ止め補修が施されています。
見た目はあまり良くありませんが、演奏面では問題なく、お安くなっています。
コレクターには向きませんが、サウンド重視のプレイヤーにはお安く最適です。
枯れたトーンで艶やかなシャリンシャリンと鳴るきらびやかなサウンドで、アジャスタブリッジにしては低音も音量も申し分ありません。
ストロークすると爽快に鳴るパーカッシブなサウンド、フィンガーピッキングでも軽いタッチで弾いても反応が早く、心地良いサスティーンでヴィンテージギブソンサウンドが楽しめます。
トラスロッドの余裕も十分あり、ネックコンディション良好で安定しております。
ナローネックは苦手でレギュラーネックをお探しだった方にはオススメです。
ペグボタンの交換がされていると思われます。(象牙柄)
フレットすり合わせ済み(フレット高/約7割程度)
現在の弦高12フレット 6弦/約2.5mm 1弦/約1.2mm
是非店頭にてご確認下さい!